浸透型コーティングの特徴

浸透型コーティングとは、一般の撥水コーティング剤の様に撥水を目的としたコーティング剤ではなく、石材に存在する細孔を埋め、吸水性を低下させるコーティング剤です。石材に浸透し石材内部に浸透層を形成するため、表面の仕上がり感が変わりません。

塗布することにより、石材の内部に深く浸透し耐久性のある分厚い吸水防止層・防汚層を形成し長期間、石材を保護します。また、通気性があるため石材内部に湿気が溜まる事はありません。

石材やコンクリートは吸湿(水)性があるため、無数に存在する細孔から入り込む水分や汚れの原因物質で汚れ・エフロ・凍害などによる劣化トラブルが発生します。 また、湿気が多い場所では、カビや苔が発生し美観上や菌類による健康上の問題を招く事があります。そこで防水や吸水防止処理を行う事で、それらのトラブルを防ぐことができます。

浸透型コーティング剤は、石材のもつ吸水率を低下させ、石材内部への汚れの原因物質や水のしみ込みを軽減することが目的の保護剤です。

 

被膜型コーティングの特徴

被膜型コーティングは石材の表面に薄い膜を形成し、汚れが直接石材に付着することを防止することが可能です。

しかし、石材の表面の仕上がり感が変わってしまう事や使用箇所によっては剥離現象・変色等が起こる事があるため注意が必要があります。

また、被膜型のコーティングは表面からの吸水は防止することはできても裏面からの吸い上げは防止できません。

このことから、浸透型コーティングを施工した上に被膜型コーティングのダブルコートをおススメいたします。

浸透被膜型(ハイブリッド型)コーティングの特徴

石材用コーティング剤には大きく分けると浸透型と被膜型に分かれます。どちらもデメリットとメリットがありますが、この両方のメリットを合わせ、デメリットを解消した新しい無機系のコーティング剤です。

人体や環境に悪影響を及ぼす有機溶剤はほとんど含まれていないため、あらゆる環境でも安心して使用することができます。

市販されているほとんどの石材用コーティング剤(特に被膜型のコーティング剤)は石の呼吸を止めてしまいます。浸透被膜型コーティングは石材内部の湿気分を発散させるメカニズムとなっており石の呼吸を妨げません。

劣化しやすい樹脂系のコーティング剤ではなく、100%無機系のコーティング剤なのでほとんど劣化することがありません。

また、この浸透被膜型コーティング剤を施工することで未施工時の石材床よりも滑りにくくすることができます。